07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

わたし このパイ嫌いなのよね





キキ(魔女の宅急便)は
あんなにかわいいのに
どうして トンボ なんかにヤキモチを妬くのか

幼い私には さっぱり分かりませんでした




でも

キキが
トンボにパーティーに誘われたのに

「 着て行く服がない 」と
鏡の前で

紺色のワンピースの
地味な自分に
嘆いている気持ちは
なんとなく 分かりました





なんでキキが魔法を使えなくなったのか
さっぱり分からなかった 小学生の頃



「 わたしこのパイ嫌いなのよね 」に
一緒に胸が苦しくなった 10代の頃


 


この映画、
観る年頃によって見方や理解が変わってくる
いつ観ても キキ に新しい 共感点 をみつけられる映画です












今になって分かります

トンボ は女の子を
パーティーに誘ってくれる
いけてる男子 だったんだな〜






IMG_8262.jpg


シンプルな紺のワンピースに
ARIELLE DE PINTO




よしむら



category: カコ日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

冬の陣





アンカー(布団の中に入れる小さいこたつ)反対派のわたし と

アンカー賛成派の夫の間で起こる戦


冬の陣






朝、コンセント抜き係 の夫が
抜き忘れると
妻(反対派)優勢


夜、外の気温よりも寝室が寒くなる日は
夫(賛成派)優勢





夫がコンセントを抜き忘れた日は
夫の帰りを待ち、
入浴中だろうと
言い忘れないように

「 コンセント抜き忘れてたよ 」


風呂の扉を開け
槍鉄砲を飛ばす




今冬は圧倒的に
夫 劣勢 ではありますが


やはり
妻は夫に優しくしてやりたいもので


アンカー 冬の陣は
なんだかんだと 夫が勝ち戦となるのです・・・







それにしても

妻って
夫の味方でありたい。と いつも思っているのに
敵になってしまうの
なんででしょう、、


fc2blog_2015042117292206d.jpg




よしむら






category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

パンツ年表







20代の頃は

大人ぶって黒のレースなどの
パンツ(下着)を買う





でも30代になると

女として迷子になり、当たり障りのない
ボクサー型やノーレースの
四角いパンツだらけになる





そうやって40代になると

さまざまな呪縛から解き放たれ
女であることを心から楽しめ
Tバックのパンツが心地よくなる





年齢とともに
うつりかわるパンツ(下着)について
おもしろく
小泉きょんきょん がエッセイを書いていました






30代の わたし
確かに、タンスの中は
四角いパンツが主流で

夫のトランクスの入っているタンスに
間違えて私のパンツが混入していることも
しばしば・・・





きょんきょん曰く
女はいつもそうやって

自分の中の”女”と戦っている


なんだ
そうです






なにはともあれ

自分のまわりに
素敵な年上の女性が
いたら


年をとることも
楽しみに

なります



DSC_0207.jpg




よしむら




category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ういてる 思い出




もう25年も前のことですが


いまでも
そのときの



”ういてる”



感じ を覚えています



幼稚園の入園式


皆、
紺やグレーのセットアップやブレザーが多い中
わたしは

母の作った

っ真っ赤 なドレスを着せられて



5歳児のなかで
”ういて” いました



小さな心は ”ういてる” ことが
とてもとても恥ずかしくて
入園式の写真はどれも

真っ赤なドレスの子が
ぶっちょうづら で写っています





それから2年後の
七五三




7歳にもなると
みんな可愛らしいワンピースを着ています

そんな中、また わたしだけ


ものすごく朝早く
連れていかれた近所の美容室で

着物を着せられ
髪は町娘のように結われ
真白なお粉を顔にはたかれ
真っ赤な紅をさされ


そんな風に仕上がっていたので


やはり神社で ”ういて” いました


あの子もその子もどの子も
みんな
わたしの真っ赤な口紅を見てる!

と泣きそうな気持ちで
必死で千歳飴をもらって帰りました








でも
印象に残る


って
こういうことか


ARI.jpg





よしむら




category: カコ日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

クロねこ





小学生のときは
なにかと 忙しい



帰り道
口さけ女に出くわすかもしれないし


校庭にある 変なでっぱりは
昔の人のお墓だって聞いたし




いろんな噂があったので

毎日、
妖怪や おばけ 姿のないものに
怯え びくびく暮らしていました





そういえば
黒猫に出くわしたら

「 後ろに5歩戻らないと不幸になる 」
というルールがあり

クロネコヤマトのトラックを見ても
後ろに5歩戻らないといけなかったので


なかなか家に帰れない
という時期がありました

IMG_8025.jpg



こんなかわいい黒猫は
幸せを運んでくれそうです


リングポートをイヤホン巻きにされたお客様)




よしむら




category: カコ日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。