07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

パンツ年表







20代の頃は

大人ぶって黒のレースなどの
パンツ(下着)を買う





でも30代になると

女として迷子になり、当たり障りのない
ボクサー型やノーレースの
四角いパンツだらけになる





そうやって40代になると

さまざまな呪縛から解き放たれ
女であることを心から楽しめ
Tバックのパンツが心地よくなる





年齢とともに
うつりかわるパンツ(下着)について
おもしろく
小泉きょんきょん がエッセイを書いていました






30代の わたし
確かに、タンスの中は
四角いパンツが主流で

夫のトランクスの入っているタンスに
間違えて私のパンツが混入していることも
しばしば・・・





きょんきょん曰く
女はいつもそうやって

自分の中の”女”と戦っている


なんだ
そうです






なにはともあれ

自分のまわりに
素敵な年上の女性が
いたら


年をとることも
楽しみに

なります



DSC_0207.jpg




よしむら




category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ライク・ア・バージン





こどもの頃


日曜日に通っていた教会で

バザーがありました



食器や クッキー どうしようもないものから
掘り出し物まで

なんとなく わくわくしながら
こども 全快に楽しんでいた わたし でしたが



3つ上の姉が
エンジョイして買ったものの中に



マドンナの
「 ライク・ア・バージン 」

のカセットテープがあり



なんて マセているんだ
と 仰天したのを
覚えています




頭にプロペラのついた変な帽子や
いい匂いのする消しゴム 等を
購入した3つ下の妹とは
レベルが違うかったのです








先日、姉に


「 夫のお義母さんはいつも、息子のことを誉めるよ 」
と冗談をまぜまぜ言うと



「 それはあなたのことが大好きで、そんなあなたに
 息子のことをもっと好きになって欲しいから言うんだよ 」



と 教えられ

ライクアバージン以来の
衝撃を受けたのでした







好きな人が
自分の好きなものを
好きになってくれるって
うれしいですよね。。



smile.jpg




よしむら






category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

最近、ねんきは入りにくい




母の嫁入り道具のひとつ

SHARPの大きなオーブン


実家にまだある そのオーブンは
それこそ
30年以上も前のものになるので

焼き時間を調整するダイヤルが
バカんなり
調理時間は 時計と、中の具合を伺いながら
様子見つつのアバウトになります




数年前に新しくオーブンを買い替える
と決めた時

なぜか、くるっていたダイヤルが
正常に動く
という 古オーブンの奇跡 もありましたが


健闘むなしく新しいオーブンがやってきました


新オーブンは 油をカットしてくれたり
水蒸気でイケイケでしたが

どうも
ケーキを焼くとなると
あまり美味しく仕上がりません
何度も作っているレシピなのに

古オーブンの味にならないのです







家電や家具、
洋服にせよ



年季というものがあります


がんがんに遊び、
弟や妹もおさがりで遊んだ 30年前のおもちゃ と
パッケージにしまったままの 30年前のおもちゃ では

どちらも月日は同じですが
年季が違って
その 年季 ってやつで歴史を感じたり
思い出にひたれるように 思います



安価な物はその
引き継いで使う
ということができにくいように
思います






ついでに
古い家電は丈夫で長く使えますが
最近の家電は割とすぐに故障します

すぐ故障するように(どんどん買い替えるように)
作ってある という話は本当でしょうか。。



よしむら


category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

想像の紅茶




紅茶と日本茶には
妥協できない

母譲りの性格で



なくなれば
百貨店までウロウロと買いに出かけるのですが




先日も

決して安くはない紅茶ブランドの
陳列棚の前で

あれもいいな
これもいいな と

さんざん迷い



何度も
この大好きな紅茶を飲んでいる自分を
想像し



想像すればするほど
こんなことで幸せになれるなら
我慢しないで2箱買えばいいではないか
と自分を励まし


ようやく選んだ紅茶2箱を
レジに持っていくことができました




少々、想像し過ぎたせいなのか
その足で
食器売り場にまで寄り
マグカップまで手に入れ



家につくまで
何度も想像の紅茶を飲んだ

わたし


IMG_7749.jpg




その夜

「 なんでそんなに今日は
機嫌が良いのだ。」と

夫が
不思議がってはいましたが



妻の機嫌が
紅茶とマグカップで買える
なんて

安いものです






よしむら










category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

純朴くんと主婦




いきつけの
コープさんに
” 純朴くん ”
が働いています



レジを通したあと、作業台まで
重たいカゴを運んでくれたり


エコバッグ、持ってなさそうだな
と思うと、さりげなく小さい袋をつけてくれたり



ポイントカードの受取り方や
お釣り銭の渡し方に
思いやりがあったり



とにかく
純朴くん と勝手なあだ名をつけてしまうほどの
純朴くん が私の町のスーパーで働いているのです




純朴くん は皆に優しいので
多少、” 純朴レジ ” に列ができていても
あたたかな接客を求める客は、そこに並びます






純朴くんに会うことが
主婦の密かなる楽しみ
でしたのに



最近その
純朴くん がおりません



就職でしょうか、、、





きっと
よい会社に雇われて
いることと


母になったような気持ちで
思います。。



t02200165_0400030011016367728.jpg




よしむら





category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。