05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

気にしない気にしない




初恋の相手は忘れられないものです

わたしの初恋は幼稚園のとき



あの 有名な
一休さん  でした



どんな困難が起きても
どんな意地悪をされても

暴力や武器を使わず
トンチや知恵を使って
戦う姿が
こどもながらに
格好良すぎたのです



初恋とは実らないもの
とも よく言われます

実るもなにも、
一休さん は歴史上の偉い坊さん
出会ったのもアニメ

ということで
一休さんとの恋は片思いで終わりましたが

成人してもなお、やはり頭のきれる方には
魅力を感じてしまいます




結婚した今ですが
夫は
「 気にしない気にしない 一休み一休み 」

とは 言いそうなタイプですが

トンチ
というよりは
トンチンカン



先日、ちょこっと文句を言うと

「 かわいくない奴 」

と 言い返しておりましたが


妻がかわいくいれる為にも
もっとしっかりしてくれよ

と思うわけです


こういう時
一休さんならどんなトンチで
私をなだめてくれるでしょう


imgres_2014062117453039c.jpg






よしむら





スポンサーサイト

category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

気を使う美容院




「 美容院には
  オシャレしていくんだよ 」

と 私が高校生の頃
姉がよく言っていました


変な格好で行くと
髪も変な格好にされる
ということ らしいです


それにしても近頃
美容院にいくのはたいそう
キツいです

行きつけの美容院も
大学生の頃まではありましたが
サッカーの カズ も来るような小洒落た店で
もう いく度胸はなくなりました
( なぜか受付のお姉さんが美人で態度も主役級 )


その後も
担当の美容師さんが田舎に帰ったり
遠い店舗に移動になったり

と美容院には安住できずにいます


初めての店では

鏡ごしに美容師さんと目があって赤面したり、
頭にタオルを巻かれ
シャンプー台から歩く花道、
前髪を切ってもらう時に鼻息を止めたり

いろいろ試練がありますが


姉に昔言われたように
美容院にはちゃんとした格好でいく

というのだけは
守ってみてます





よしむら


category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ひとりっ子世にはばかる



加入中の保険の見直しをしよう
ということで
総合の相談窓口に行ってきました


日々の暮らしに精一杯の 我々は
初めて将来の事を口にしながら
未来予想図とやらを
窓口の方と一緒に作成したのですが




こどもの教育費
ひとりあたり1000万円 以上
私立なんて行かせたら2000万円 以上
という 算出された数字に おののき


幸せな未来予想図の世界って
ドリカムだけか
と悟り


もう、こどもひとりでも
充分です


と思えてきました




父の日を目の前に
こども2人を
大学卒業まで面倒みる
ということの
尊さを思い知った
のでした



father1.jpg




よしむら

category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

無 になれるときはあるのか




無の境地 とか
空(くう)とか

表現されることの多い
書の世界ですが



墨液と大きな筆を持って
白の紙に向き合うと
わたしはいつも
雑念ばかりが浮かんできます



「 あの時、腹の立つ事言われたな 」
「 歯の詰め物がとれたらどうしよう 」
「 旦那が仕事場でケガをして帰ってきたらどうしよう 」


ありとあらゆる
心配ごとや、変な想像が
頭のなかにフツフツと浮かんできます



無になろう
無になろうと

すればするほど
浮かぶ雑念



先生に添削して頂く際
「 わたしはいつも雑念とともに書をかいています
  先生は書いているとき何を考えていますか? 」

と聞いてみたいのですが
何ぶん人見知りのため
そんなざっくばらんなことも
聞けない雑念女です


imgres.jpg


書と向き合っているときは
瞑想している状態に
近いのでしょうか


よしむら


category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

レシピちゃん



先日、お習字のクラスで一緒の方に
福神漬け のレシピを教えていただきました




庭で出来た かぼす
トルコに行ってきた お土産


と なんだかんだと
頂き物でお習字以外にも楽しんでいるのですが


なかでも、冷蔵庫の野菜の始末をしたくて・・・ と
頂いた 手作りの福神漬けが
たいそう美味しかったのです




シンプルな料理と思っていたら
意外と手間と面倒のかかる レシピちゃん

これは休みの日に作ろ・・・



ということで先日朝から挑戦してみたのですが

一生懸命世話をやいた 福神漬け
できあがりを味見をしたところ

非常に 辛く


悲しい思いで レシピをもう一度確認しますと
頂いたレシピの半量で作ったはずが
塩の分量のみ、レシピから半分にするのを
忘れていたことに気づきました


辛いはずです・・・
なんとかお酢で洗ったり
水で薄めたりして
食べられる状態には修正しましたが
正解の福神漬け が分からなくなってしまいました



「 失敗しながら、何回も作って自分の味に
 しなさいね 」


とレシピを頂いたとき
言ってくださっていましたが

なんだか、しょうもない失敗で
馬鹿な自分に
またまたがっかり



ではありましたが

やっぱり
不正解な福神漬けでも
カレーと食べたら
たいへん 美味しかったのです


写真-1


よしむら










category: 日々

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。